数秘学つれづれ〜その26

  • 2018.02.24 Saturday
  • 15:16

受講者の方からご質問を受けたので、

お答えした内容をシェアします。
 

 

数秘学では、人生を4つの周期に分けています。

 

◎1番目の周期

生まれてから大人になるまでの期間。

年齢は人によって違い、27歳〜35歳の間です。

◎2番目の周期

最初の周期が終わった翌年から9年間。

◎3番目の周期

2番目の周期が終わった翌年から9年間。

◎4番目の周期

3番目の周期が終わった翌年から生涯ずっと。
 

 

4つの周期を、
4つの章で構成される1冊の本に例えてみると
わかりやすくなりそうです。

4つの章はそれぞれ完結したストーリーなので、
1章ごとに独立した読み物としても楽しめます。
 
全体の構成としては、
第1章は第2章の布石となり
第3章は第2章の内容をふまえて展開し、
第4章は第3章の続きであると共に
第1章から紡いだ物語全ての総まとめでもあり、
 
全体で一つの大きなテーマを持つストーリー
を作り上げています。

 
それぞれの章には
多くのエピソードが散りばめられていて、
一見、エピソード同士は無関係に見えたとしても
じっくり読み込んでいくと、
全てのエピソードが関連して
ストーリーを方向付けていることに気づきます。
これは、全ての人に当てはまります。
当事者(本の主人公)は
自分がどこを目指しているかわからなくても、
「読者」としての客観的な視点を持てば
全体のストーリーが浮かび上がって来ます。

 
私自身は、
第4章に入って2年目です。
第3章を終えて1年以上過ぎて、
第3章のテーマを理解しつつあります。
いやー、人生ってヤツは・・。
 

 

JUGEMテーマ:コラム

 

若さ

  • 2018.02.24 Saturday
  • 01:08

誰でも日常生活の中に

何らかの「習慣」を持っています。

 

毎朝の起床時間

いつも立ち寄るコンビニ

掃除の頻度と手順

必ずチェックするテレビ番組

 

決まった習慣や手順は、

生活にリズムや安心感をもたらします。

スムーズに日々を送るために

習慣は役立つものだと言えるでしょう。

 

問題があるとすれば、

 

習慣から抜け出せなくなることがある

 

ということだと思います。

 

習慣が「心地良いリズム」に満ちていれば、

いつもと違う行動を取ったときに

不安や居心地の悪さを感じるかも知れません。

 

この体験が積み重なっていくと、

 

いつもの習慣は快適で安心なこと

いつもと違うことはしたくない

 

そんな気持ちがどんどん強化されます。

 

ところで、

心も身体も同じ姿勢のままでいると

知らず知らずのうちに硬くなり

動きが悪くなっていきます。

 

身体については、意識しやすいですね。

では、心はどうでしょう?

心の中身は目で確かめられないので、

本人が意識することは難しいかな。

 

頑固一徹とかマイペースとか

ポジティブな面があれば良いけれど、

うんと極端になると

 

新しいものを一切受け付けない

閉ざされた自分だけの世界

 

になってしまいそうです。

 

本人が幸せだとしても、

何だかもったいない感じがします。

 

新しいものに興味を持つこと

生き生きとした好奇心を持つことは、

心と身体を柔軟に若く保つと思うのです。

 

肉体の年齢が同じでも、

年の取り方は人によって全く違います。

いろいろ観察してみると、

心の柔軟さが重要だなあと思う

今日この頃なのでした。

 

JUGEMテーマ:コラム

知らせ

  • 2018.02.21 Wednesday
  • 14:42

実際に顔を合わせたことはないけれど、

電話やメールで何度かお話をした人が

亡くなったと知らせがありました。

 

その人は、

難民サポートの活動をしていました。

お金や物を援助するだけではなく、

難民が誇りを持って自立するための

プロジェクトに携わっていました。

それは、

放っておけば失われてしまう

伝統技能や文化をつなぐ活動でもあります。

 

以前、そのプロジェクトに参加して

我が家にも素晴らしい作品がやって来ました。

 

先月、10年ぶりにその人へメールを送りました。

が、2週間経っても返信がなかったので

忙しいのかな?とか、メールを見落としたのかな?

と気になっていたところだったのです。

 

たまたま、そのタイミングでメールを送った

 

というだけかも知れません。

けれど、視野を広くしてみると

ものごとに偶然はないと思うのです。

規模を宇宙まで大きくすれば、

その人が織り上げつつあった模様には

多くの人の縁が織り込まれています。

たった一度の出会いであっても、

その模様に個性や深みを加えます。

 

そんな風につらつらと妄想しています。

これから私に何ができるのか、

じっくり考えるときかも知れません。

 

JUGEMテーマ:コラム

けち

  • 2018.02.19 Monday
  • 12:44

OSHO禅タロット

虹の4 The Miser(けち)

 

※画像はOSHO Japan から

お借りしました※

 

ありあまる宝物を隠すように

彼女の周りに壁が築かれています。

 

誰かに宝物を奪われることを

怖れているのでしょうか?

険しい顔つきで

宝物を抱え込んでいる姿は

残念ながらとても見苦しい・・

 

このカードが現れると、

 

ナーバスになりすぎていたり

心が狭く縮こまっていることに

 

ハッと気づかされます。

 

本当は豊かで美しくいられるのに

自分で自分を醜くしているなんて。

 

もしかしたら、

過去の辛い体験が心を傷つけて

臆病になっているのかも知れません。

時は流れ、状況は変化します。

受けた傷はすっかり回復しているし、

あなた自身も強く成長しています。

 

落ち着いて周りを見回すと、

あなたに意地悪をしたり

宝物を奪おうとする人は

もういないことに気づきます。

 

そろそろ、

自分らしく堂々と生きる頃なのでしょう。

時が満ちて、自然と大輪の花が開くように。

花を咲かせるか、蕾のまま枯れてしまうか

選ぶのは自分自身です。

 

さあ、どうしましょう?

 

このカード、最近よく引いてしまいます。

見る度に心が「ウッ!」となるのですが、

タロットは親切心(?)で

役に立つサジェストをしてくれるのです。

 

慌てる必要はないので、

置かれた状況を客観的に眺めてから

自分の心に問いかけてみましょう。

 

さあ、これから何をしようか?

 

季節はもうすぐ春、

気持ちを切り替えるのにちょうど良い時ですね!

 

JUGEMテーマ:コラム

 

土いじり

  • 2018.02.18 Sunday
  • 14:42

久しぶりに、オザキフラワーパークへ行きました。

ありとあらゆる植物が生い茂るパラダイスです。

深みにはまってしまったら、

お小遣いがいくらあっても足りません。

 

昨年暮れから慌ただしく過ごしていて、

心が呼吸困難になりかけていました。

そんなある朝、

 

そうだ!オザキフラワーパークだ!

 

という閃きがやって来たのです。

1月の大雪で我が家の植物たちもダメージ大。

それも何とかしなくてはならないし、

そろそろ春だからお花を植えたいよね・・

 

そんな風にいろいろ理由を並べ上げて

さっそくオザキへ乗り込み、

春咲きの苗やアイビーのハンギングバスケット、

予定外の多肉植物各種を手に入れました。

 

翌日は、

傷んでしまった植物の剪定と手入れや

カマキリの卵を発見したり

鉢植えの配置換えをしたり、

新しい苗も植え替えを済ませて

春を迎える準備が整いました。

 

動植物の世話や土いじりは、

 

うわずった気持ちや

フワフワとさまよいがちな魂を

身体の中に引き戻すような

ハッ!と我に返らせるような

作用があると思うのです。

 

お日さまの光を浴びたり

風を身体で感じたり

五感をフル活用して

大地との繋がりを意識することは、

健康的に生きる基本かも・・・

なんて思ったりしています。

 

JUGEMテーマ:コラム

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM